MENU
クラミジアの検査の費用を詳しく調べてみた

病院にてクラミジアの検査をすると費用はどれくらいかかるのか?

検査する際の出費がどれくらいになるのかは気になるところです。

実際に病院にて検査などをする際にかかる費用、そしてその際の考えられる注意点などがあります。

 

目次

病院のクラミジア検査の費用は?

クラミジア検査方法で一般的なのが病院で検査する事ですが、実際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

実際に病院に行くと、診察費用に始まって検査費用、そして薬代まで含めて約10000円ほどになります。

その他複数検査が入ればそれによって費用は変わります。

 

その費用に対して保険が適用されるので3000円〜5000円前後が目安になります。

初めて受診する場合などは初診料などはかかるのでご注意ください。

また病院によって検査費用は異なるので注意ください。

参考:上野クリニックの各種性感染症の費用

 

女性の検査には時間はかからず、検査結果も即日でわかります。

しかし男性については尿検査になる為即日ではわかりません。

病院により異なりますが一般的に1週間ですので、もしパートナー同士で受診されたのではあればその事も考慮しながら性交渉は控えるようにしましょう。

 

病院で性病検査を受ける上で注意する6つのポイント

Point1

まとまった時間を作る必要がある

病院に行き受付から診察・検査を行うにはある程度まとまった時間が必要になるものです。また住んでいる地域によって行ける病院は変わるのでその病院の検査日程などによっても違いがある為、日程を決めづらい会社員によってはいつまでも先延ばしになってしまいます。
検査時間は病院によっては検査終了に1日がかりになる場合もありますのでご注意ください。

Point2

土日は受診出来ない病院が多い

例外はありますが大半の病院が平日受診が基本になるので一般会社員の休日に受診が受けられない事もありますのであらかじめチェックが必要です。

問題なく日程調整ができ、平日に受診ができたり、土日受診をしている地域にお住いの方は問題はないと思いますが、検査の為に平日の休みをとる事が困難な方は困ってしまうかもしれません。

 

Point3

初診、検査結果、完治検査と最低3回は通院の必要

1度で終われば良いですが、検査結果についてはその内容によりますが当日に出ない場合も多いものです。当然今回はクラミジアの検査という事で考えられているのですが、症状によっては複数検査が求められたり、男性や女性によっても変わりますが、検査結果がわかるには2~7日ほどの期間が必要です。その後検査結果により問題があれば治療薬による治療スタート、その後最終検査で異常がなければ晴れて性病完治、問題があれば再治療になります。そのたび病院に通う必要があります。

一度の受診では終わらない事がほとんどなので日程決めなどに注意が必要です。

Point4

病院によっても費用が異なるので費用が曖昧

病院によっても料金は変わったり、保険の適用範囲内/外の判断についてもよくわからないのが現状です。

どのような検査をするのかもその病院の医師に任せるしかありませんので費用計算は難しいものです。

 

その為、保険適用を見越して考えていた治療費が、保険適用外と判断されたため全額負担となることもあり、

非常に高額な治療費が必要になるのはこの為です。

 

 

Point5

医者に症状・状況を説明、受診する必要がある

医者はいつもの事ではあるが、初診の人にとっては患部を見せる事には強い抵抗を持つはずです。

医師が女性か男性かでも変わりますし、いずれにしても恥ずかしさにより受診への抵抗感が強くなり病状の悪化を招く事がほとんどなので注意が必要です。

 

また最近の性交渉の事なども聞かれたりと女性の方は特に抵抗を持つかもしれません。

Point6

家族、知人、会社に見られる可能性

保険が適用された場合には受診履歴が残ってしまいます。

社会保険などにも入っていれば、受診履歴などが送られてくるば場合に家族にバレてしまったり、会社の情報を扱う部所で見られたりする可能性があります。

気にされない方は問題ありませんがこういった事を気にされる方は注意が必要です。

保健所で性病検査を受ける事もできる

全国の保健所あるいは自治体の施設で性病の検査が行われており、無料で検査をしてもらう事ができます。

検査によっては1日の定員が決められていることがありますので予約は一ヶ月前から受付可能、土日は受付をしていない所が多く午後の短い時間での受付などになります。

保健所の検査はHIVなどの社会的に影響のある病気を中心に行われるため、病院などでの検査よりも 検査項目が少ない場合があります。

検査は主にHIV、梅毒、クラミジア、淋菌の検査が実施されていますので詳しくは各自治体、保険所で異なりますのでお近くの保健所などの情報を確認してください。 

 

保健所で性病検査を受ける上での注意点

  • 実施している検査が保健所によって異なります
  • 検査の実施日は月に1、2日程度で要予約
  • 1日の検査の人数制限があります(事前に要確認)
  • 結果が出るまでに2週間ほどかかる
  • 電話や郵送で通知はしてくれません

 

無料ですが手間のかかる事も多い事や病院ではないので良く調べて挑んでください。

検査キットを使う場合の費用

こういった検査では一般的なのが検査キットですが、値段的にも安く抑える事ができますし、何より自宅でひっそりできる事で近年は検査キットの利用が多いのが現状です。

費用としては単品検査3000円〜5000円、複数検査が5000円〜20000円、カップル検査13000円〜33000円とどのような検査キットにするかでも費用は異なりますのでご自身でしっかり確認してご判断ください。

 

 

性病検査のエキスパート さくら検査研究所

 

病院に行くのに時間が取れない、保険の履歴にのってしまうと困ってしまうなど性病検査は悩ましいのが現実です。

その中でも選ばれているのがさくら検査研究所。

 

病院で検査するのが嫌な方やバレずに自宅でチェックできると人気の検査方法です。

 

>>性病検査のエキスパート!さくら検査研究所

 

 

 

クラミジアに効果のある薬などにていては、クラジミアの症状と検査方法をご覧ください。

自宅でできる!クラミジア検査のエキスパート

 

病院に行くのに時間が取れない、保険の履歴にのってしまうと困ってしまうなど性病検査は悩ましいのが現実です。

その中でも選ばれているのがさくら検査研究所。病院で検査するのが嫌な方やバレずに自宅でチェックできると人気の検査方法です。

 

>>性病検査のエキスパート!さくら検査研究所

このページの先頭へ